もう迷わない!業績アップのためのSEO技術

専用語の解説

SEOという言葉やだいたいどういったことを目指すのかなど理解をしていても、専門の用語について知らない方々は多いのではないでしょうか?

確かに、自身で行わずSEO専門業者に依頼するとしても、打ち合わせなどで専門用語がでてきてしまい、SEOをかける内容をつたえたくても、上手く説明できない、なんてことになりかねません。

細かく知っておく必要はありませんが、良く使われる用語の意味はざっくりと知っておく必要があります。

トラックバック
自分のサイトから相手のブログへリンクを貼り、そのリンクを貼ったことを自動的に通知される機能です。
デッドリンク
サイトのリンク切れを指します。
動的ページ
phpなどのプログラムを利用し、ユーザーから要求があった時に、該当する情報をデーターベースから取得して生成されたページのことをいいます。
データベース
MySQLなどが一般的で、データの集合体のことを指します。

seoの担当になったら

知識も十分ではないが、会社でいきなりseoの担当となってしまい、どうしていいか分からず戸惑っているという人もいるかと思われます。seoの担当となった場合には社内だけで対策を済ませてしまうのか、もしくは外注するのかという事を選ぶ必要がありますが、知識や腕に自信が持てないという時には外注を利用すると手っ取り早いかと思われます。

seoの担当となれば、新しく勉強しないといけない事も多いかと思われます。社内でseoの担当となった場合には、seoの他にもホームページの更新や、広告制作などあらゆる仕事を担当しないといけない事もある様です。企業が使える予算についても考慮する必要があるかと思われます。

ホームページ制作におけるseo対策

Webサイトをあるキーワードに対して検索エンジンの上位に表示させることのような取り組みをseo対策といいます。ホームページ制作において、より多くの訪問者を獲得するためにはとても重要な作業です。

検索結果の上位に表示されることで多くの訪問者を獲得することになり、広告収入や商品販売の増加が期待できるからです。一般的にはコンテンツの強化や被リンクを増やすことがseo対策としてあげられますが、無意味なキーワードの羅列やオリジナルではないコンテンツの掲載などは、ペナルティとして逆に順位を下げられることもあるので注意が必要です。

ホームページ制作後、seo対策でのキーワードの種類

ホームページ制作を行って、ビジネスに利用していきたいと考えている人も多いでしょう。そのために大切なのが、seo対策。seo対策には、内部対策と外部対策があります。基本的にseoは、ユーザーに有益な情報が届けられるようなシステムになっています。

そのために、重要なのがキーワード選びです。ユーザーが検索するキーワードには、濃さがあります。一つのキーワードで様々な検索意図が予想されるようなキーワードをビッグワードと言います。そのため、ビッグワードの検索数は多くなりますが対策の難易度も上がるため、ビッグワードより濃さが下がるワードと関連させて対策を行う必要があります。

ホームページ制作で可能な簡単なseo対策

ホームページ制作で可能な最も簡単なseo対策は、優良な独自ドメインを準備することです。ホームページは、誰もが好き勝手に公開できるものではなく、WEB上に公開してユーザーに閲覧してもらうようにするためには、ドメインというWEB上の住所に相当する情報を取得しなくてはいけません。

ドメインはいくつか種類が存在し、その中でもドメイン内のURLを好きに決定することができる独自ドメインはseo対策にとても大きな効果を持つことがわかっています。独自ドメインの取得は格安であれば数百円からでも入手可能なので、ホームページ制作では欠かせません。

ホームページ制作をした後のseo対策で大切なこと

インターネット上では年々、webサイトの数が増加しています。ホームページ制作が容易になってきたことも、その理由の一つでしょう。ホームページを作成した後には、seo対策が欠かせません。seo対策を行えば、検索エンジンに上位で表示をしてもらいやすくなります。

しかしその対策だけを行えば良いというわけではなく、そのコンテンツの質の高さも重要です。seoは、webサイトの中の情報を正しく伝えるためのものです。対策を行うときに必要なのがユーザーのことを考えるということです。検索エンジンは、ユーザーにとってメリットがあるwebサイトを上位表示させるような仕組みになっています。