もう迷わない!業績アップのためのSEO技術

SEO対策(複合キーワード)

例えばヘアサロンを運営している場合には、全国から顧客がやってくるとは考えにくい場合もあります。地元の顧客を中心に利用してほしいと考える事もあるでしょう。

そんな時は、都道府県名を含めてSEOを行う事もあります。この場合であれば、ヘアサロンという言葉と都道府県名の二つが組み合わされる事が多いでしょう。

SEOの際に、東京などを含める場合には、ライバルはたくさんいるかと思います。

しかし、地方都市などの場合にはそれなりに効果が得られる事もあるでしょう。

また、関東など広い範囲はあまり検索に使用しない事もありますので、どの程度の範囲であるか、という事や検索に使用される頻度などを検討したいですね。

seo対策の難しい点

長くseo対策を行っていると、時には困難な問題に直面する事もあるかと思われます。いろんなseo対策がある中で、どの様なポイントが対策を進める上で難しいのかと言えば、やはりペナルティにかかってしまった時に、どの様なseo対策を行って上位にするかという事ではないかと思われます。

ランク外になってしまう事もある様ですので、そこからseo対策をして復活をするという事もハードルが高い様です。できるだけ順調に進むといいのですがseo対策をしていると、予想外の事に出くわす事もある様です。

そうなった際にも、知識を活用するなどして突破するという事が求められると思われます。乗り越える事ができれば、自信となる事でしょう。

うまくいかない時のseo

まずはseoし過ぎていないから調べます。過剰なseoの例は次の通り。

  • 1.コンテンツにキーワードが多すぎる
  • 2.コンテンツ量が少ない。
  • 3.アンカーテキストがキーワードに集中しすぎている。
  • 4.titleにキーワードが入りすぎている。

よくあるのは4.と3.となります。無意識にキーワードが入りすぎたり、集中しすぎたりしています。まずはここからチェックし、それも問題なければ1.と2.となります。

それ以外にも低品質の被リンクが多すぎる場合にもうまくいきません。そんな時はリンクを削除しましょう。

アクセス増加を目指したいseo

何と言ってもseoは対策をするために行うのではなく、また周囲がseoを行っているから取り掛かるのでもなく、やはり最終的にはアクセス増加を夢見ている人は多いでしょう。検索エンジンを使った時にseoを行っていると、すぐにユーザーの目に入る所に表示される様になる事もあります。

何度もページをめくりようやく表示されている様では、seoを行っても十分に効果を実感できているとは言えないでしょう。人によってseoの目標は違いますが、1ページ目に入りたいという人や、5位以内を目指したいという人は多い様です。1位を取得できるに越した事はありませんが、目標が高すぎる事もあるので、自分なりに目標を設定するのもいいでしょう。

seo診断ツールを使ってみる

seo診断ツール、自分が記載した文章をコピーして、そのツールに貼りつけてボタンを押すだけで、その文章がseoに引っかかるのか、大丈夫なのかを判断してくれるツールのことを言います。今では様々な会社が様々な性能を持った診断ツールを発明しており、安い価格帯のものから、高い価格帯のものまで数多く揃っています。

こちらを使用するメリットですがなんといっても、自分で確認するよりも遥かに早いスピードで、自分の文章をチェックしてくれるという点です。自分はただコピーアンドペーストをするだけで、後は全てツールが行ってくれるので、後は自分でどの点を修正したらいいのかを確認するだけでいいのです。

seoの診断方法を理解する

診断する方法がわからない人は、基本的にツールを使います。seoに関連するツールが用意されていますから、まずこれで情報を確かめます。意外な情報が書かれることもありますし、もしかしたら様々な間違いがわかるかもしれません。

そして上位に入っているサイトとの違いが判明します。ツールの場合、上位に入っているサイトが使う手法も見えてきますので、取り入れれば上位に入れます。ただコンテンツの違いなどで、上位に行くことが難しい可能性もあります。確実に使えば成功するわけでもないので、参考程度に考えて判断してください。